「サーディン缶詰 part3」食レポ

皆さまこんにちは、冬生まれなのに寒さが結構苦手なmr.kanso代表 川端啓嗣です。

サーディン(イワシ)缶詰の食レポ最終回です。

ラストは、魅力の本場海外サーディンシリーズです。

スケルトンサーディン

中身の見えるΣ(・□・;)レモンオイルサーディン。

「レモンオイルサーディン(スライスレモン入り)」

缶詰で中身が見える!それだけでもワクワクするサーディンです。

Sardines in olive oil with lemon!

なるほど、オリーブオイルに漬けたサーディンです。レモンの風味とオリーブオイルの香りがたまりません。

小ぶりなイワシが列をなしております。

綺麗に並んで、キラキラと輝いているので、食べるのも何かもったいない感じがします。

イワシは小ぶりでとても柔らかく、箸で掴むと身が崩れそうな感じです。

それでは、いただきます。

gards!美味しい!

見た目通り柔らかく、さっぱりとした味わいです。

レモンの香りとオリーブオイルが爽やかさを引き立てています。レモンの味もほんのりとして、魚の臭みをスッキリさせます。

ワインやハイボールのアテに持ってこい。

パスタやサラダと和えても美味しい料理が出来そうです!

 

原産地はラトビア共和国!北ヨーロッパ、バルト三国の一つです。手付かずの自然に澄んだ空気、綺麗な水の国ですから、食べ物も美味しいはず。

一度、行ってみたいですね。

そんなラトビアで作られたサーディンは、こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

その他の海外のサーディン

「ボルディエ バター漬け バターサーディン」

フランス産のボルディエバターを使用したサーディン。食の宝庫フランスのブルターニュ地方で伝統製法で作られたバターを使用している贅沢な一品。

 

「ボルディエ 海藻バター漬け バターサーディン」

芳醇でミルキーな味わいのボルディエ海藻バターを使用し、サーディンの味を引き立たせ、深い味わいに仕上げられた一品です。

 

まとめ

3回に渡り、色々な「サーディン缶詰」をご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

「サーディン」は、お酒のアテ、パスタやパンと合わせてなど、色々と活用出来ますので、是非ともお試しください。

「サーディン缶詰」は、お近くのmr.kanso店舗やweb shopでお買い求めいただけます!!

 

mr.kanso店舗一覧はこちらから↓↓

 

 


Pocket
LINEで送る